サエル(化粧品)の成分

サエル(化粧品)の成分

はじめに

『サエル』は、全ての敏感肌の女性にも安心して使用できる、敏感肌専用美白ケア化粧品です。
敏感肌の肌質は、シミができやすく美白が効きにくいとされています。更に健康肌の人と比べても角層が荒れているため、化粧品によってはその原料に敏感に反応して余計に症状を悪化させる可能性があります。こうしたことから、敏感肌の女性の中には美白ケアを行いたくても我慢している方が多くいるのです。それを可能にしたのがサエルなのです。

サエル(化粧品)の敏感肌用成分

サエルでは、敏感肌でも美白成分を有効に取り入れられるよう、肌をバリアする働きを持つセラミドに注目し、このセラミドでケアすることで肌に透明感をプラスしています。敏感肌の乱れた角層を「ヴァイタサイクルヴェール」という、特許応用技術を用いることで、これを可能にしています。
この技術は、弱ったバリア機能を通常のセラミドの4倍もの浸透力を持つセラミドナノスフィアが角層の奥深くまで浸透し、荒れた肌を徹底的に保湿します。肌に潤いが戻ることで、ターンオーバー(肌の成長サイクル)も健康肌の人と同じように正常になります。
正常を取り戻した肌内部にプラスして、ハトムギ種子より抽出した白様雪により、水の層をきれいに並べる働きをするアシルセラミドの産生をサポートします。これにより、乱れた水の配列を真っすぐに整えるので、内側から輝くような透明感を得ることができます。

サエル(化粧品)の美白成分

サエルの美白ケアではまず土台となる3つの天然植物エキスでアプローチをかけます。その3つの植物エキスがコウキエキス・ムラサキシキブエキス・アルニカエキスです。これらには、メラノサイト刺激因子の抑制、高抗酸化作用、抗炎症・血行促進作用などがあり、この3つのエキスで土台を作ります。
そしてメラニンを生成前には、ポーラ研究所オリジナルのエスクレシドが、メラニンになるチロシナーゼを抑制します。メラニン受け渡し後には、セイヨウノコギリソウエキスが受け渡しを阻止します。メラニン誕生時には、デイリリー花発酵液が肌色メラニン化を促成して、黒色メラニンを抑制します。メラニンが黒化した後では、ムラサキシキブエキスの高抗酸化力がここでも発揮され、メラニン酸化を防ぎ白色チロシンとチロシナーゼの状態へと還元させます。
この4つの力が、それぞれのメラニンの進行状態によって効果的に働くことで、肌を透明感のある美白色へと導きいます。

まとめ

サエル化粧品が登場したことで、今まで自分の肌に自信が持てず、美白ケアもできないで苦しんでいた多くの敏感肌女性を救いました。これを機にこの化粧品を知った敏感肌の方は、美白ケアをしながらリラックス効果も得られるよう、香りにも天然素材を使用しているサエルで美しい肌を手に入れてみてはいかがでしょうか。

ホーム RSS購読 サイトマップ